博物館へ行ってスタートするLotD|メインクエスト『興味深い調査』

MOD、Legacy of the Dragonbornを導入した最初のさいしょは、下調べもしないで「行けばいいんでしょ?」しました。ソリチュードに博物館ができてるのは知ってたので。
そうやって始めても、宿屋のどこかに置いてある募集広告を見てジャーナルにクエストとして載ってから行くのも、ほぼ同じ流れになります。オーリエンと会ったときのセリフがちょっと違うぐらいは、ありますけれど。
ここでは、ギルドマスター以外で始めるとこんなふう、を記録します。

目次

はじめに

ソリチュード、ブルーパレスの手前にMODで追加された博物館はあります。
ギルドマスター以外で訪れると、玄関から入れはしますが、入った所でキュレーターのオーリエンと立ち話になります。
プレイヤーは、博物館がまだ閉鎖されていること、展示物が必要なのだけどこれまでの遺物ハンターは使い物にならなかったこと、などを聞かされ、3つの秘宝を持ってきてくれたら報酬を支払おうと提案されます。

探している秘宝とは?

秘宝が何であるか?どこにあるか?は、オーリエンが教えてくれます。

ここまで聞いた後には、ジャーナルにクエストに載ります。マップにマーカーも出ます。
これがLotD博物館のメインクエストの、最初のクエストです。

ちなみに、LotDオフィシャルWikiの An Interesting Prospect ページを見てみると、前のバージョンでの説明でしょうか? 内容が少し違っているようです。

3つの秘宝と場所

マーカー出るので問題なく回収できると思います。
撮ったはずの画像がどこかへ行ってしまったので、以下はもう展示してあったりの状態のもので…

ソリチュードから比較的近いのは、静かなる月の野営地です。
『リーチのどこか』は、フォースウォーンのキャンプでした。
もうひとつは、リフテンの方ですね。
デンスタッグマーの指輪。
耐性アップは、特に序盤には嬉しい付呪ですよね。

ヒスイの戦士2。
2ということは1もある、きっと。
ヒスイの〜は、雑貨屋さんで売ってたり、ドーンガードの砦に置いてあるのも見ました。

第六家の鐘鎚。Sixth House Bell Hammer
付呪はないけれど、ダメージ値が高いですね。

これらを回収したら、ひとつずつオーリエンに届けてもいいですし、全部まとめて渡しても大丈夫です。この、入会テストみたいなクエストを終了すると、じゃあフルタイムのレリックハンターにどう?との提案を受け、やっと博物館内に入れてもらえ案内してもらえます。

さいごに

どこかの宿屋さんで広告を見て訪れたときのオーリエン。
このばあい、広告を読んだ時点でジャーナルに『興味深い調査』が載り、博物館へ行くようにとの指示が出ます。

3つの秘宝を博物館へ持ち帰り、オーリエンに認めてもらえました。いかにも語り慣れたリズムの良さで館内の説明をしてくれました。
しかし博物館、慣れないとどこに何があるか?どう使えばいいのか?など、いくつも戸惑うこともありました。私の迷ったりした物事についても、これから記録しておこうと思います。

何はともあれ、最初のクエストお疲れさまでした。